FC2ブログ

【映画感想】天子のいる図書館

ウエダアツシ監督、2017年日本映画。

小芝風花主演。


合理的で人づきあいが苦手な司書が老婦人の相談を解決しようと努力することで、次第に成長していく、というドラマ。


合理的な判断によって司書の職を選択したって、そもそもその判断を間違っているのでは。

AIみたいなしゃべり方とか、直角に曲がる歩き方とか、キャラ付けが過剰すぎて漫画原作かと思ってしまうくらい。

天使というのもとってつけた感じでピンときませんでしたし、もう少し普通のドラマにした方が好みだったかも。

コストの問題というのならさておき、破損した資料を大切にするというのは一見いい話に見えるけど、これからその資料を借りるであろう人にとっては迷惑な話では。

思い出の一冊というほど気に入った本なら、買って所有してるでしょうし。

どこだか分からない鳥居の写真で、とりあえず奈良県だと特定できた理由が謎。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード