FC2ブログ

【本感想】ヒトごろし

京極夏彦著。


タイトルだけ見て、『ヒトでなし』の続編かと思ったんだけど。

土方歳三が、ヒトごろしをするために新撰組立ち上げに加わったという、奇抜な話。

死にたがりは「ヒトでなし」だからヒトごろしの矜持として殺さないとかいう自分ルールを語る土方と、士道を語る志士たちとの、微妙に噛み合ってるやり取りが面白い。

ただ、この小説の魅力はほぼ土方の造形に尽きるので、組織としての新選組の活動について描かれている中盤は正直盛り上がらない感じ。

最後、籠城している五稜郭から飛び出して、しがらみを捨て去って一己のヒトごろしに戻る場面の迫力が圧倒的でした。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード