【本感想】映画監督、北野武。

フィルムアート社編。


これまでの北野映画のフィルモグラフィーと解説、関係者のインタビューで構成された本。

批評的に、ソナチネまでの初期作と、それ以降の作品に対する熱量と密度の差があからさまで、ちょっと笑ってしまいます。

まあ、実際初期作品はラヴクラフトの「傑作群」的に作家性が抜きんでていて、映画史に残るものだと思うけど。

監督のインタビューでは、アウトレイジ続編撮影中に歯医者に行く、という話がネタとしても面白かったです。

後はカメラマンの柳島さんのインタビュー、色彩に関する話は興味深かったですね。

森社長の話は、今となってはどう捉えたものやら、ちょっと疑問符が付きますが。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード