【本感想】誰かが見ている

宮西真冬著。

メフィスト賞受賞作。


ちょっとした悪意が連鎖していく物語。

感触としては「坂の途中の家」に似てる気もする。

それぞれの立ち位置の描写はそれなりに生々しくて納得感もあるんだけど、そこから展開していくドラマに面白味とか意外性とか緊張感がなくて、消化不良気味だったかも。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード