FC2ブログ

【映画感想】イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

モルテン・ティルドゥム監督、2014年イギリス・アメリカ映画。

ベネディクト・カンバーバッチ主演。


第二次大戦中、ナチスの暗号機「エニグマ」の解読に携わった数学者チューリングの人生を描いたドラマ。


タイトルだけでSFアドベンチャー的な作品かと思っていたけど、まさかの実話ものでした。

序盤話に入れず、警官が捜査している時間軸が分からないまま見ていたためちょっと混乱しましたが、途中からはグイグイ引き込まれていきましたね。

同僚がクビになりそうなチューリングをかばうシーン、解読に成功するシーン、ラストでジョーンが彼の人生を肯定して励ますシーンが感動的。

細かいエピソードは盛ってる部分もあるだろうけど、これが実話っていうのが凄いです。

視聴後の印象として、同性愛が無条件で処罰されていた時代、というもののウェイトが物凄く大きく感じます。

そんなこと(と言ってしまうとアレだけど)より、人々の生死を決定付ける神の視点を持つ存在としてふるまうこと、の方が大きなテーマだと思えるんだけどね。

戦後、関わった人全員がトラウマで精神を病んでも不思議じゃないほどのストレスだと想像してしまうんだけど、ジョーンなんかもそれで世界を救ったって全肯定して平和に暮らしてるし。

「チューリング・テスト」って、名前だけは知ってる有名なギミックですが、コンピューターすら存在しない当時に実際に有効なプログラムができてたんでしょうか。

そういう概念を作り上げた、ってことなのかな。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード