【映画感想】不滅の恋/ベートーヴェン

バーナード・ローズ監督、1994年イギリス・アメリカ映画。

ゲーリー・オールドマン主演。


ベートーヴェンの遺言で財産すべてを残された「不滅の恋人」の正体を確かめるために、彼の生涯をたどっていくという伝記映画。


ベートーヴェンの人となりは興味深かったです。

「第九」の発表の場面とか、葬儀の場面とか見てると、現代に置き換えるとロックスターというような存在ですね。

恋人探しの話はいまいち興味湧かず。

この映画の結末を見るとベートーヴェンが甥の教育に拘ってた理由が納得できるけど、これは映画なりの説で、実際には不滅の恋人が誰かは分かってない模様。

これ、もし証明されたら、財産がその人の子孫のものになるんでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード