【映画感想】モンパルナスの灯

ジャック・ベッケル監督、1958年フランス映画。

ジェラール・フィリップ主演。


画家モディリアーニの人生を描いたドラマ。


モディリアーニの話なんだけど、画商の印象しか残らない。

結構ひどい話だと思うんだけど、これ実話なんでしょうかね。

何らかの罪に問えるのではって感じですけど。

CМは許せないけど投げ売りは仕方ないという感覚がよく分かりません。

そこが芸術家としての感性というものか。

ここまで売れてないのに、そこそこ画家としては名前が通ってる状態というのも不思議です。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード