【本感想】僕が愛したすべての君へ

乙野四方字著。


ラブストーリーとしては描写が薄くて、感情移入しづらかったかも。

設定の印象の方が強いですし。

その割には、並行世界同士のトレードが固定されているという設定があまり生かされてない気もします。

IDを偽装して入れ替わったふりをしているシーンは面白かったですね。

手紙は結局何だったんだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード