【本感想】池魚の殃

椹野道流著。

鬼籍通覧シリーズ。


かなりの中断期間を経ての再開だけど、雰囲気は変わらず楽しめました。

暗闇での出来事を茶化すところとか。

法医学的な場面が少なすぎる気がします。

犯人の動機にもいまいち納得感が湧かずじまい。

主体的に律するのならともかく、そこまで要求するものかって気がしない

でもないです。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード