FC2ブログ

【映画感想】列車に乗った男

パトリス・ルコント監督、2002年フランス・ドイツ・イギリス・スイス映画。

ジャン・ロシュフォール、ジョニー・アリディ主演。


アウトローに憧れる孤独な元教授と銀行強盗をもくろむ男が出会い、絆を深めていくというドラマ。


二人の関係の描写が楽しい作品です。

教授がミランのジャケットを着てアウトローを気取るシーンとか、パン屋での出来事を伝えなかったことを感謝するシーンとか、教授の生徒にミランが詩の解釈を講義するシーンとか、一つ一つのやり取りの描写が丁寧で心地よいです。

それだけに、土曜日の展開が納得できない気がしますね。

もちろん全部意図的で、あえて調和を崩してるんだろうけど、解釈の余地を残すというよりも意味が分からないという感想です。

個人的には、走馬燈的に見た理想の今後って解釈ですが、それなら蘇生する描写は邪魔なんだよな。

そもそも、強盗団については設定がざっくりしすぎ。

街で合流する仲間の宿泊する場所があるのなら、最初からそこに泊まればいいだけだし。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード