【映画感想】龍三と七人の子分たち

北野武監督、2015年日本映画。

藤竜也主演。


引退したヤクザがオレオレ詐欺に引っかかったことから、かつての仲間を集めて組を興し、詐欺グループに復讐するというコメディ映画。


基本的にはベタなギャグの積み重ね

キャラは立ってるけど、やりすぎてキワモノ感がある気もします。

そんな中で、中尾彬の死体を挟んでのやり取りは声を出して笑ってしまうくらい面白かったですね。

すごくビートたけし的。

ダーツを見て急に逃げ出す件はよく分からないけど。

それまでの行動で十分頭のネジが飛んでる連中だって理解できるのでは?

そもそも、法の隙間をついて商売する経済ヤクザがそんなにあっさり殺すものでしょうかね。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード