FC2ブログ

【漫画感想】球場ラヴァーズ3-2(フルカウント)

石田敦子作、全1巻。


シリーズ最終巻。

集大成感はありました。

シリーズ終わった途端三連覇というのは、巡り会わせとしか言いようがないですね。

そもそも自分のネガティブな状況をカープに重ねる、っていう話だったし。





スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

【漫画感想】とめはねっ!

河合克敏作、全14巻。


競艇に続いて、今回も書道とニッチなテーマを取り上げてます。

縁と結希の関係を中心に楽しませてもらったけど、書道に関する解説はやや流し読み。

それぞれの作品に対して上手い下手の評価がされるわけだけど、実際に見ても違いがよく分からないですし。

ただ、縁が結希に向けて書いた最後の作品は、メッセージがダイレクトに伝わってきてちょっと泣けるほどだったし、そこから結末までのまとめ方も見事でした。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

【漫画感想】アゴなしゲンとオレ物語

平本アキラ作、全32巻。


『こち亀』の初期と似た印象を受ける作品でした、エロは除いて。

萌え、サブカル、人情といった要素を加味していったこち亀に対して、アゴゲンは最後までそのテイストを全うしたという感じ。

潔いくらい、テンションと勢いと下品さに特化した作品でしたね。

そんな大層なものではないだろうけど。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

【漫画感想】僕等がいた

小畑友紀作、全16巻。


何というか、山本の存在感。

これに尽きますね。

ある意味、少女漫画の枠を超越した生々しいキャラクターでした。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

【漫画感想】ラストイニング

中原裕作・神尾龍原作、全44巻。


監督の持ち込む練習法だったり、戦術だったりでオリジナリティを出していくというのは、野球マンガの常套手段ですが、監督視点で進行していくのは割とレアかも。

成長することでオリジナルの部分が薄れていくのも定番だけど、それが監督の手を離れていく選手の自立として描かれることで物語としてきれいにまとまってる印象。

鳩ケ谷の過去に関する突込みが物足りない気もするけど、深掘りしてもあまり盛り上がらなかった感じもします。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード