FC2ブログ

【本感想】甦る殺人者

知念実希人著。

天久鷹央の事件カルテシリーズ。


DNAに関するネタ自体は、他の作品でも何度か目にしたことはあるけど、それと鷹央の存在を結び付けていく展開が面白かったですね。

これは、シリーズ通じて後を引いていくトラウマになるんでしょうかね。

一作目といい、作者はカルトに嫌な思い出でもあるのか。

さすがに警察も、シリアルキラーの傾向について位は把握してると思うけど。
スポンサーサイト



テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

【映画感想】ブラック・ウォーター

アンドリュー・トラウキ、デヴィッド・ネルリッヒ監督、2008年オーストラリア映画。

ネイヴ・ダーモディ主演。


オーストラリアに観光に来た一行が、ワニに襲われる、という実話を基にした映画。


どの程度の脚色があるのかは分からないけど、あくまで実話を基にしているというのが売り文句の映画なため、B級パニック映画のようなワチャワチャしたノリは楽しめません。

リアリティ重視といえば聞こえはいいけど、はっきり言って地味。

最後もはっきりと決着がつくわけでもなく、モヤモヤっとした終息だし。

言ってはアレだけどワニに襲われたってだけの話で、そこまで特殊な筋書きがあるわけでもないのに、実話ってことを推すメリットがよく分かりませんね。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

【本感想】1R1分34秒

町屋良平著。

芥川賞受賞作。


ボクシング小説だけど、ボクシングに対するテンションがさほど高くない。

そのフラットさが、純文学的、ということなんだろうか。

よく分かりませんね。

スパーの感想戦ってのが印象に残ったけど、実際の選手もそんなことするんでしょうか。

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

【漫画感想】高杉さん家のおべんとう

柳原望作、全10巻。


別物と分かっていても、『うさぎドロップ』と被ってしまいますね。

どっちの作品もそうだけど、そういう展開になること自体はいいとしても、展開が唐突過ぎて付いていけないです。

もう少し丁寧に、関係の変化を描写してもいいのでは。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

【映画感想】顔のないスパイ

マイケル・ブラント監督、2011年アメリカ映画。

リチャード・ギア主演。


伝説のスパイの手口そっくりな殺人が起こり、かつて彼の追跡に携わっていた元エージェントが呼び戻される、というサスペンス映画。


割と序盤でネタバレして、大丈夫かと思ったけど、終わってみれば上手くまとまってるストーリーだったと思いました。

ただ、それは話の構造的な部分だけで、そもそも復讐のモチベーションが真に迫って伝わってこない。

変化したターゲットというのが全く説明されないし。

同僚が真相に気づいた理由って、現場の写真に写ってるってことだけ?

捜査官なんだから写ってるのは当然なんだけど、他に理由の説明もなかったし。

全体的に、伝説のスパイ像の描写が中途半端だった印象です。

ラスト、ハッピーエンドっぽくまとめてるけど、ロシア側は当然気付くだろうし、報復されるのでは。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

【アニメ感想】グラゼニ シーズン2

CS批判は、まったくの同感。

キャラクター的に契約更改が一番の見せ場になると思ったけど、そこで展開する理屈にあまり納得感がなかったのが残念。

もう少し細かな査定に踏み込んで欲しかった気がします。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

【本感想】森には森の風が吹く

森博嗣著。


様々な媒体に寄稿したコラム集。

自作小説の解説というか、あとがき集が面白かったです。

そもそもコンセプトの段階で読者の期待を裏切ることを前提にしているわけだ。

テーマ : 感想
ジャンル : 本・雑誌

【アニメ感想】賢者の孫

毎クール登場する「なろうの最終兵器」の一つです。

原作の展開知らないけど、アニメを見る限りでは、設定にしても、キャラクターにしても、ストーリーにしても、どこを焦点にして話が進んでいくのかさっぱり分かりませんでした。

アニメ終わった段階でも、オリバー側をメインにした方が面白かったのでは、って気がするくらいだし。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

【本感想】マスコミ偽善者列伝

加地伸行著。


タイトルからイメージする内容ではなかったです。

そのものズバリ、ジャーナリスト・コメンテーターなどの評伝を期待してたんだけど。

そういう話はありつつも、著者の持論を展開するエッセイがメインでした。

同性婚って、認められないのは違憲って論調で取り上げられるのは見るけど、そもそも憲法で禁止されてるってのは知りませんでした。

9条に関しては解釈改憲に反対しつつ、同性婚は否定されてるわけではないという解釈でOKなわけか。

同性同士の合意でも成立するという憲法改正を堂々と主張すれば良いのでは。

テーマ : 感想
ジャンル : 本・雑誌

【映画感想】忍びの国

中村義洋監督、2017年日本映画。

大野智主演。


織田の勢力拡大に怯える伊賀の里で、随一の実力を持つ忍び・無門の姿を描いたアクション映画。


「川」の戦いは迫力あって良かったです。

『修羅の刻』を彷彿とさせる、ハイテンポかつロジカルなバトルが熱い。

忍者が人間的な感情を持ち合わせていないってのはいいんだけど、その表現として殺陣をコミカルに見せるのはちょっと。

織田を倒して名前を売れば、すぐにより強大な本体が攻めてくるって分かりそうなものだけど。

そもそも、忍びなのになぜ正面切って戦うのか。

暗殺してこその忍びなのでは。

無門が潜入する場面は何回もあるんだけど、他の忍者ではそこまでの技量がないってことなんでしょうかね。

映画的にはなかなか面白かったけど、最後の唐突な現代社会風刺で一気に醒めましたね。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード