FC2ブログ

【本感想】掟上今日子の挑戦状

西尾維新著。

忘却探偵シリーズ。


短編集。

事件そのものよりも、今日子さんのキャラの方が強い。

語り手を変えることで今日子さんとの関係にバリエーションをつけてますが、あくまでも今日子さんありき。

それで押し切れるだけの魅力的なキャラクターだと思いますし。

今まで印象に残らなかったけど、金にがめついって設定が前面にグイグイと出てるのが面白かったです。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

【映画感想】カリートの道

ブライアン・デ・パルマ監督、1993年アメリカ映画。

アル・パチーノ主演。


麻薬王として鳴らしたカリートが出所を契機に足を洗おうとするものの、恩義ある弁護士の頼みを聞いたことから次第に泥沼に引きずり込まれていく、というギャング映画。


アル・パチーノがひたすらにクールでカッコいいです。

昔気質というか、男気溢れる、という感じ。

対するショーン・ペン扮する小者弁護士が、凄まじくハマっています。

情緒不安定、挙動不審っぷりが半端ない。

「全員悪人」じゃないけど、「全員裏切り者」というキャッチが付きそうな内容なので、彼女が人を殺したことがあるのかってしつこく聞くシーンは、絶対盗聴器が仕込まれてると思ってましたよ。

そういう意味では、カリートを目の敵にして彼をハメるために何でもしそうなフラグが立ちまくっていた検察が、真っ当な捜査活動をしていたことが一番の裏切りでしたね。





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

【漫画感想】球場ラヴァーズ~だって野球が好きじゃけん~

石田敦子作、全3巻。


前田の引退はなぁ……。

当時の記憶がオーバーラップしてしまう。

カープのエピソードではなく主人公のストーリーとしては、シリーズの中で一番印象に残ったかも。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

【映画感想】海賊と呼ばれた男

山崎貴監督、2016年日本映画。

岡田准一主演。


出光興産の創業者をモデルにした、石油業に生涯をささげた男の生涯を描いたドラマ。


一つ一つのトラブルに対して、不屈の魂で取り組んでいく姿はかっこいいですが。

全体としての盛り上がりには欠けた印象です。

クライマックスのイラン編があっさり終わったのも、そう感じた一因かも。

詳しくないんだけど、当時の政治状況的にアリだったんでしょうかね。

岡田准一の独演会といった趣でした。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

【アニメ感想】ソラとウミのアイダ

群像青春ドラマとしてはそれなりに楽しめましたが。

宇宙漁とか、守護神とかこの作品独特の要素が、思いっきり足を引っ張ってる印象。

なぜ宇宙で漁をというそもそも論はさておいても、守護神はゲームでは普通にある設定なんだろうけど、物語として納得感が生まれないまま終わってしまいました。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

【本感想】Ψの悲劇

森博嗣著。

Gシリーズ。


かなり『Wシリーズ』的な設定に近づいてきてますね。

アクション要素が増量しているせいもあって、余計似た印象になってます。

前作同様、時間軸をいまいち把握しきれず。

現状の世界観で、あのテクノロジーがどの程度現実的なものとして受け止められているのかよく分かりませんでした。

ラストはほとんどホラーといってもいい雰囲気でしたが、それを踏まえると、自分を島田だという島田さんがどの程度島田さんなのか、考えてしまいます。

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

【アニメ感想】RELEASE THE SPYCE

オープニングはキャッチーでインパクトありましたが。

ストーリーは真面目に進めようとしているみたいに思える一方、ギミックがざっくりしていてアバウトな印象。

スパイという設定のシリアス度合いを測りかねてるうちに終わってしまった感じ。

世界観に入り込めませんでした。

そもそも、スパイスとか取り締まる側では?

ダメ、絶対!

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

【本感想】χの悲劇

森博嗣著。

Gシリーズ。


シリーズ後期ということだけど、ほぼ別物といってもいい内容に。

Gシリーズ転換点というに留まらず『真賀田四季サガ』の中核になるといっても過言ではないくらい、様々な話が繋がっていく作品でした。

読んでる途中は島田?って感じだったけど。

時間軸を完全にミスリードされましたね。


テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

【アニメ感想】ガイコツ書店員 本田さん

どちらかといえば実写化されそうな題材だけど、キャラクターのインパクトで漫画チックな雰囲気を作り出してますね。

書店員お仕事エッセーアニメとして普通に楽しめました。

本田さんによる各出版社評が面白かったです。

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

【映画感想】ジョイ・ラック・クラブ

ウェイン・ワン監督、1993年アメリカ映画。

ミンナ・ウェン主演。


中国からアメリカへ移住した4人の女性と、その娘たちの人生を描いたドラマ。


それぞれの人生が好転していくドラマが、ちょっとご都合主義に思えてしまいましたね。

思考が、極端から極端に振れているような印象で、いまいち共感できませんでした。

「心の美しさは生まれつきだから」ってセリフは、ある意味物凄い差別だよな。



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

とらとら

Author:とらとら
役立つ情報が満載!

ではないこと請け合い

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード